医療法人富田病院
トップページ
富田病院
認知症総合医療センター
ロイヤルヒルズ日吉
あねもね
はぁとふる日吉
デイケアセンターイルカ
ひまわり保育所
法人紹介
施設紹介
職員募集
問い合わせ
サイトマップ
ごあいさつ 外来診療スケジュール 看護部の紹介
施設概要 生活支援室 消化器検査部門
院長からのごあいさつ
院長肖像
医療法人富田病院
院長

吉田義一
 当院は昭和16年の創立以来、函館市及び道南の地域医療を担う基幹病院の一つとして活動してまいりました。今後とも信頼できる安全な医療、根拠に基づく良質な医療を職員一丸となって提供したいと思っております。

 平成16年には医療の安全と効率化のためにオーダーリングシステムを採用し、今後は電子カルテの導入も計画しております。平成20年5月には新棟建設・旧棟の改修工事が終了し、以前より快適な環境を提供できるようになりました。

 平成18年に河合理事長が技量を磨こう、笑顔をもらおう、安全を守ろうという3つの標語を提案されました。その標語を達成するために、各部門で目標を策定し同時に個人目標も策定して毎日の医療、看護、介護、保健サービスを提供しております。
プロフィール
日本内科学会内科認定医
日本消化器内視鏡学会会員
昭和53年北海道大学医学部卒業
同第3内科入局
函館共愛会病院内科医長
函館協会病院内科医長
を経て

2000年より
医療法人富田病院院長
副院長からのごあいさつ
院長肖像
医療法人富田病院
副院長

植田裕之

 保健所の精神衛生相談をしていますと、心の病に苦しむ人々、そしてその家族がいかに多いかということに気がつきます。同時に、『相談できる場所がなくて困っていました』という切実な訴えをよく耳にします。何ヶ月も、あるいは何年も誰にも相談できず苦しんできたといいます。精神医療も早期発見・早期治療が大切です。家族の理解、協力、支えが必要になります。時には家族の心の治療を必要とする場合もあります。
 心の治療は悩みを打ち明けること、話を聴くことから始ります。それが病気なのか、そうでないのか、どのように対応していくのか、どのような治療が必要なのかなど、できるだけ多くの人の悩みを聴き、その解決に努力をし、安心して利用(相談)できる医療機関を目指しています。
プロフィール
精神保健指定医 杏林大学医学部卒業
杏林大学病院精神神経科勤務
岩手清和病院勤務
を経て

医療法人富田病院副院長